2021/10/08
認証マーク
昨日、福岡県の感染防止認証マークを頂きました。写真を見ての通り店の玄関には色んな張り紙がしており、通常とは趣きが違います。が、通常営業の第一歩です。少しでもゆったりとした時間で料理を御提供できることに、改めて「普通の日常」の有難さを感じます。 入店人数に制限があるため、ご予約頂ければ幸いでございます。 秋満載の料理でお待ち申し上げております。
2021/09/11
秋の花たち
りんどう、藤袴、ススキ、萩など。風が爽やかにそよぐ初秋に咲き始める花たちです。季節の和花を活けることを心掛けていますが、最近は中々お花屋さんでは見かけない花たち。 和花は、器の文様に使用されることも多く、本物の花と器の絵の違いを見ることも楽しみの一つです。 この秋の和花を、飾って早くお客様とお会いしたいと思う今日この頃です。
2021/09/03
器の衣替え
今年は、6月からの蔓延防止装置や緊急事態宣言など、営業時間短縮や休業で、殆ど出番の無かった輪島塗のお椀。蔓の蒔絵と螺鈿でカタチ作られた瓢は、夏を代表する絵柄です。限られた時期しか使用することが出来ないからこそ、旬の食材をより一層引き立たせて、器の中にその時々の季節を映し出します。 また、来年、夏の始まりに登場してもらうために、綺麗に拭きあげて、 秋のお椀と交代です。 来年こそは、マスクもアクリルパーテーションもない店内で、夏の椀物をお披露目したいものです。
2021/08/27
鱧と松茸
暑さも和らぎ、朝は少し過ごしやすくなってまいりました。 九月に入ると少しずつ秋の食材が出てきます。秋を代表する料理の一つ、松茸の土瓶蒸しには、必ず鱧と松茸が入っています。 その両主役食材を思いっきり満喫できるのが、鱧と松茸の鍋です。 国産松茸の豊潤な香りをまとった鱧は、秋にしか食べられない贅沢な一品です。
2021/07/22
関門・小倉とクジラ はりはり鍋
近代捕鯨の発祥地、山口県。捕鯨関連の産業が集積した下関と関門海峡を隔てた北九州市にも当時からクジラ関連の企業が在り、北九州市もクジラ文化が培われてきました。昔は日常的に食卓で見かけられていたクジラは、今や高級品となり、家庭で食卓に上るということは、滅多ありません。弊店は、関門のクジラ文化をはりはり鍋というカタチで御提供致しております。 天保三年に刊行されました「鯨肉調味方」に掲載されてます山椒味噌タレを弊店風にアレンジしてます。また一味ちがった味わいで、お召し上がり頂けます。 畝須ベーコンなどは、鍋に入れずにお刺身としても美味しいです。お盆のお休みにご家族皆さまで、熱々のはりはり鍋で暑気払い等、いかがでしょうか?
2021/07/11
平素は当サイトをご愛顧賜り、誠にありがとうございます。この度、お客様により便利にご利用いただくため、当サイトをリニューアルいたしました。